スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実はシャンティーも


昨年の12月某日。
我が家のカワイイ担当♡シャンティーも避妊手術をしてまいりました!
今年5歳になるシャンティー。出産経験の無い彼女への今後の心配事の一つに
『子宮蓄膿症』というのが挙げられます。
その名の通り子宮に膿が溜まる病気です。最悪の場合は死にいたることも。。。

こまめに獣医さんに触診してもらったりエコー診断してもらったりは
していますが、なにぶん目視できないお腹の中。
同じ負担をかけるなら傷の治りの早い若いうちに!病気になって苦しむ前に!
と決断。
やはり腹腔鏡での手術を選びました。

初めて知らない人、場所に預ける&全身麻酔ということで
母さん心配で心配で。・°°・(>_<)・°°・。
でもシャンティーを不安にしてはいけないと、頑張って平気なフリ~(涙)


一泊入院後、獣医さんお手製の防護服(人間のパンストで作製)を着てご帰宅♪

「母ちゃまがボンレスハムって言うんでち(怒)」

手術の翌日はさすがに辛そうでしたが、2日目にはすっかり元気に☆
今迄の経験上、最速の復活具合(*^_^*)


これは抜糸後ですが、傷口は機材を入れる小さな穴が3カ所だけ!



手術後の獣医さんによる説明で衝撃の事実が発覚!
なんと「原因は分からないが卵巣異常をおこし、子宮の壁も分厚くなり腫れていた。
それと小さな乳腺腫瘍も発見し切除しました」と。。。((((;゚Д゚)))))))
確かに見せてもらった子宮は正常な形をしていませんでした。
「もっと早く決断していれば、もっと早く楽になってたのに。。。」
と反省しても後の祭りです。
幸い今後の心配はしなくても大丈夫とのことなので一安心です☆

自らの口で訴えることのできない彼女達を守れるのは私なんだと改めて実感した
出来事でした。


これからも元気でラブリーでいてね♡



~余談~
病院でも可愛さアピールは忘れてはなかったらしく、看護師さん達に
「シャンティーちゃん、おとなしくて可愛いですね~」とお褒めの言葉をいただきました(*^_^*)
なかなかの女優賞っぷりですσ(^_^;)
スポンサーサイト
プロフィール

メリー

Author:メリー
憧れだったホワイト・スイス・シェパードとDogshowにチャレンジ中!
愛する娘達と訓練競技会やアジリティーも楽しんでます☆

☆愛犬達☆
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。